memory of a journey

memory of a journey

スペイン女一人旅の記録

スペイン女一人旅*Day5-1 セゴビア-ローマ水道橋-

ローマの遺産が残る街


f:id:memoryofajourney:20190430213712j:image

 

今日はマドリードからセゴビアへ日帰り旅行です。セゴビアへはバスで90分ほどでした。

 

バスステーションから主要な観光地までは15分ほど歩きます。

 

f:id:memoryofajourney:20190224130253j:image

歩いていると突如として巨大な教会が現れました。セゴビアで最も古い教会の一つ、サン・ミジャン教会。

さらに歩いていくと…

f:id:memoryofajourney:20190224130544j:image

ローマの水道橋が見えてきました。

 

f:id:memoryofajourney:20190430204535j:image

迫力たっぷり!水道橋といえば古代ローマの建築物ですが、セゴビアのものはイスラム教徒に破壊された後再建されたそうです。

 

f:id:memoryofajourney:20190430205313j:image

展望台から臨む水道橋。近くで見るとなおさら迫力が増します。


f:id:memoryofajourney:20190430210110j:image

今度は遠くから。このあたりでウエディングフォトを撮っている人がいました。水道橋の背景にドレスが映えてとても綺麗でした。

 

f:id:memoryofajourney:20190430210525j:image

展望台と反対側に来てみました。下のアーチが徐々に小さくなっています。


f:id:memoryofajourney:20190430211040j:image

水道橋の近くにはメリーゴーランドがありちびっ子で賑わってました。

 

心行くまで水道橋を楽しんだら、街歩きへ。

f:id:memoryofajourney:20190430211500j:image

 

f:id:memoryofajourney:20190430211516j:image

くちばしの家と呼ばれる建物。

f:id:memoryofajourney:20190430212241j:image 

とげとげがいっぱい。 

くちばしの家の他にもセゴビアには個性的な壁がたくさんありました。

f:id:memoryofajourney:20190430212252j:image

f:id:memoryofajourney:20190430213506j:image
f:id:memoryofajourney:20190430212237j:image
f:id:memoryofajourney:20190430212255j:image
f:id:memoryofajourney:20190430212244j:image

セゴビアに行かれた際は、建物の壁にもぜひ注目してください!

 

 

 

 

スペイン女一人旅 Day4-2*トレド

エル・グレコをめぐって

https://www.instagram.com/p/BlcNIzTnubv/

トレドにはこの街ゆかりの画家、エル・グレコの作品が点在しています。

作品のひとつひとつをのんびりと巡っていきます。

 

https://www.instagram.com/p/BkC6c92lvKu/

#spain #toledo

トレドの旧市街は歩いているだけで楽しいです。

 

手始めに サンタクルス美術館へ。


f:id:memoryofajourney:20190223192249j:image

 

f:id:memoryofajourney:20190223200839j:image

《聖母被昇天》が展示されています。

引き伸ばされた身体、強烈な色彩、ねじ曲がった構図、エルグレコの独特な作風が思う存分楽しめました。

マニエリスムの時代の作品はちょっと毒っ気というか、クセが強くて面白いです。

 

次はカテドラルに向かいます。

 

https://www.instagram.com/p/BkFXP4WlbBu/

#spain #toledo #トレド大聖堂

 

https://www.instagram.com/p/BkUuDpbgZFM/

黄金の煌びやかさは目を見張るものがあります。しかしこの黄金が新大陸の文明を破壊しもたらされたものだと考えると、信仰の厚さと狂気を同時に感じなんだか怖くなりました。笑

 

https://www.instagram.com/p/BkPlL9GgtgS/

気を取り直してグレコ作品へ。

遠くにあるのがそうですが、天井画の迫力が満点でした。

f:id:memoryofajourney:20190214182901j:image

エスが聖衣剥奪される場面が描かれています。イエスの鮮やかな衣服が印象的でした。

 

続きましてこちら。

https://www.instagram.com/p/Bk-iXHpgZDI/

#spain #toledo #サントトメ教会

サントトメ教会にはグレコの代表作、《オルガス伯の埋葬》が展示されています。

こちらは撮影禁止でした。作品の下半分にはオルガス伯がたくさんの人に見守れながら埋葬されている場面、上半分はイエスがいる天上の世界が描かれています。葬儀の参列者のなかには画家本人も紛れ込んでいたり、なかなか見応えがありました。

 

次はエル・グレコの家に行きます。

f:id:memoryofajourney:20190223213501j:image

グレコの家と言っても実際に住んでいた家ではなく、後の時代に美術館として再現されたものです。

この日は無料で入ることができました。

f:id:memoryofajourney:20190223215314j:image
f:id:memoryofajourney:20190223215309j:image
f:id:memoryofajourney:20190223215321j:image

ここにも《十二使徒》や《トレドの景観と地図》などのグレコ作品が展示されています。

特に《トレドの景観と地図》は、私自身ここに来る前に展望台からトレドの街を一望していたので、グレコも同じ景色を見ていたのだなと感慨深かったです。


f:id:memoryofajourney:20190223215852j:image

中庭が素敵。

 

グレコの家を後にして、次に向かったのは…

 

f:id:memoryofajourney:20190223220117j:image
f:id:memoryofajourney:20190223220126j:image

シナゴークです。

ここはユダヤ教の礼拝堂だった所なのでグレコ作品はありませんが、一度シナゴークに行ってみたかったので訪れました。

ちなみになぜかここも無料でした。

 

f:id:memoryofajourney:20190223220805j:image

壁の装飾から天井まで、とても手が込んでいました。


f:id:memoryofajourney:20190223220839j:image
f:id:memoryofajourney:20190223220809j:image

かつてイベリア半島イスラム教徒による支配を受けましたが、住民にはイスラム教徒・キリスト教徒だけではなく、ユダヤ教徒もいました。しかしキリスト教徒によるレコンキスタが完了した1492年、ユダヤ人は改宗か国外退去を命じられてしまったそうです。今は各地に足跡がひっそりと残っているばかりです。


f:id:memoryofajourney:20190223220846j:image

 

ここの中庭もやっぱり素敵。

パティオの文化はイスラム教徒から伝わったものだそうですが、スペインの至る所で見かけました。

 

残りの時間で街を散策します。

 

f:id:memoryofajourney:20190223222201j:image

 

可愛い陶器屋さんがたくさんありました。

 

f:id:memoryofajourney:20190223225142j:image

トレド名物のマサパンというお菓子を買ってみました。お店はソコドベール広場に面しているサントトメという所です。アーモンドの粉が材料だそうで、素朴な味がしました。

 

f:id:memoryofajourney:20190223223115j:image

夕方になり徐々に雲が…

最後にトレドで有名な門を巡って退散です。

f:id:memoryofajourney:20190223223126j:image

太陽の門


f:id:memoryofajourney:20190223223057j:image

ビサグラ旧門
このあたりになると完全に雨になっていました。

スペインは1日で天気がコロコロ変わることも珍しくないので、折り畳み傘はあった方が便利だと思います。

 

f:id:memoryofajourney:20190223224423j:image

駅に戻って来ました。
f:id:memoryofajourney:20190223224427j:image

出発時刻まで時間があったので暇つぶしに写真撮影。
f:id:memoryofajourney:20190223224432j:image
f:id:memoryofajourney:20190223224436j:image

スペインはタイル装飾が本当に綺麗でした。

 

再びマドリードに戻り、翌日はセゴビアへ!

 

スペイン女一人旅 Day4-1*トレド

ソコトレンに揺られて

https://www.instagram.com/p/BrNR4K0AanF/

 

「もし1日しかスペインにいられないのなら、迷わずトレドへ行け」

 

観光大国スペインでそう言われるトレドはマドリード から列車で約30分で行くことができます。私は事前に日本からrenfeのサイトでチケットを購入していきました。

 

f:id:memoryofajourney:20190212195726j:image

 

トレド駅に到着。

 

https://www.instagram.com/p/Bj4a67tlniM/

 

イスラム風のアーチにステンドグラスが幻想的。

https://www.instagram.com/p/BtF6JvMg71t/

トレド駅は今まで訪れた駅の中でも特にお気に入りになりました。駅からは旧市街の中心へは歩いても行けるようですが、私はバスで向かいました。

 

旧市街の中心はソコドベール広場です。街を探索する前に、ソコトレンという観光列車に乗って街をぐるっと周ります。値段は6.5ユーロ程でした。

 

https://www.instagram.com/p/Bns2_YdlZ5n/

#spain #toledo

 

ソコトレンでは右側に景色が集中するので、右側に乗るのがおすすめです!

 

https://www.instagram.com/p/Bj7Bcm7lx_F/

#spain #toledo

旧市街の入り口、タホ川に架かるアルカンタラ橋などの景色を楽しみながら展望台へと向かいます。

 

 




f:id:memoryofajourney:20190213180353j:image

 

ソコトレンでは展望台で10分〜15分ほど停車してくれるので、ゆっくり景色を楽しむことができます。

展望台からみると川に囲まれた丘の上に街があるのがよくわかります。

 

ソコトレンで広場に戻ってきました。

ここから街歩きのスタートです。

f:id:memoryofajourney:20190212214024j:image

 

スペイン女一人旅 Day3*マドリード ②

寄り道マドリード 

 

f:id:memoryofajourney:20180806204215j:image

 

前日に引き続き、この日もマドリードの美術館へ。

しかしその前にちょっと寄り道をします。

まずは腹ごしらえです。

f:id:memoryofajourney:20180806193954j:image

サン•ヒネスというチュロスが有名なお店です。店内は観光客と地元の人でいっぱいでした。

f:id:memoryofajourney:20180806194235j:image

チョコレートが濃厚で、チュロスも揚げたてでサクサクでした。

 

店を出たところで写真を撮っていると、たまたま日本人のおじさんが通りがかり、少しお話しました。

 

マドリード在住の方のようで、日本人女性が一人でいることが気になって声をかけたそうです。

 

気のいいおじさんにスリには重々注意するように言われ、気が引き締まりました。

 

おじさんと別れ、またも寄り道。マヨール広場に向かいます。

目的はSIMカード入手です!

 

f:id:memoryofajourney:20180806194858j:image

ということでやって来ました。ミッキーやマリオがいることで有名なマヨール広場です。

しかしミッキーには目もくれず広場に面したボーダフォンへ。

 

店員さんは観光客に慣れているようで、スムーズに案内してくれます。

2階に通されて順番が来るまで20分ほど待ちました。

f:id:memoryofajourney:20180806200651j:image

ボーダフォンからの眺め。景色が良いので待っている間も退屈しませんでした。

f:id:memoryofajourney:20180806202207j:image

プーがこちらを見ている。

スペインに来るにあたって治安が不安でしたが、以前に比べてだいぶ改善されているみたいです。

特にマドリードバルセロナなどの都市部ではいたる所で警察官が警備をしているのを見かけました。

マヨール広場にも警察官が何人かいて、ミッキーたちが悪さをしないように見張っていました。

 

ぼーっと眺めているうちに順番になりました。

店員さんがカードの種類を英語で説明してくれます。3種類ありましたが、私は真ん中の2GBにしました。確か15ユーロだったと思います。

2週間の旅ではこれぐらいでちょうど良かったと思います。

 

以前ヨーロッパに来た時はSIMカードが使える環境では無かったのですが、海外旅行でネットが使えることがこれほど便利とは思いませんでした。

特にGoogleマップは役に立ちました。Googleマップは事前にダウンロードすればオフラインで使うこともできますが、経路検索などはできないので、やはりネットにつなげておいてよかったです。

これから海外に行く時は欠かせなくなりそうです。

 

無事にSIMカードも入手できたので美術館巡りを再開です。

ピカソゲルニカが待つソフィア王妃芸術センターへ向かいます。

f:id:memoryofajourney:20180806210331j:image

ソフィア王妃芸術センターの外観です。

こちらも大きな美術館で、たくさんの現代の作品がありました。

ピカソゲルニカの他にもミロやダリなどの主な作品は二階にあるようですが、一階からのんびり見学しました。

 

f:id:memoryofajourney:20180807130434j:image

ダリの謎オブジェもあります

 

ちなみに、スペインでは日本の一階は0階、二階が一階だったのですが、これが最後までややこしかったです… 

 

f:id:memoryofajourney:20180806234949j:image

中庭にはミロの彫刻もあります。

f:id:memoryofajourney:20180806235118j:image

これは確かスペインでいう0階にあったものだと思います。展示のメインエリアはさすがにたくさんのひとがいましたが、それ以外はほとんど人がいなくて貸切状態のことも。すごく贅沢な気分になりました。

 

そしてゲルニカのある部屋へ。さすがに施設内一の混み具合でした。

ゲルニカは思った以上に大きな作品でした。逃げ惑う人々が軽快なタッチで描かれていることで、かえって絶望感や恐怖感が強調されているような気がしました。

 

f:id:memoryofajourney:20180807125838j:image

 

外に出て中庭の景色を眺めることもできます。

 

f:id:memoryofajourney:20180807125956j:image

展望台のようなところにもオブジェがありました。

 

ソフィア王妃芸術センターは小さな展示室がたくさんあったり、展望台みたいなところもあったりで迷いながらうろうろするのが楽しかったです。

 

次に向かうはティッセンティッセン・ボルネミッサ美術館です。

 

f:id:memoryofajourney:20180807130648j:image

 ソフィア王妃芸術センターから充分歩いていける距離でした。お腹が空いているので休憩がてら美術館のカフェへ。

f:id:memoryofajourney:20180807130825j:image

カフェはテラス席になっているのですが、ソファーになっているところもありとても居心地が良かったです。スペインで訪れたカフェのなかでも一番のお気に入りです。

 

ご飯を食べたら館内へ。ティッセン・ボルネミッサ美術館はイタリア絵画が多くて所蔵されています。

 

今までイタリア絵画はあまり興味が無かったのですが、この肖像画は惹かれました。

 

f:id:memoryofajourney:20190106185820j:image

 

夜はサンミゲル市場へ行きました。

f:id:memoryofajourney:20190106190008j:image

 

https://www.instagram.com/p/BjxV9B7FCmm/

#spain #madrid #eurotrip2018 #サンミゲル市場 #スペイン

f:id:memoryofajourney:20190106190358j:image
f:id:memoryofajourney:20190106190401j:image

 

観光客向けの仕様になっていますが、眺めながら歩いているだけでも楽しかったです。

 

 

 

スペイン女一人旅 Day2*マドリード ①

Paseo del Arteで美術館巡り

 

f:id:memoryofajourney:20180806183014j:image

 

マドリード滞在の目的は美術館。

この日は丸一日かけてプラド美術館を堪能します!

 

f:id:memoryofajourney:20180806175905j:image

ゴヤ像が目印です。

 

せっかくの良い天気ですが、この日は美術館にずっと引きこもっていました。笑f:id:memoryofajourney:20180806175909j:image

美術館のエントランスです。

 

チケットは事前にプラド美術館のホームページから購入しました。

私が買ったのはPeseo del Arteという種類のチケットです。

f:id:memoryofajourney:20180806184918j:image

このチケットでプラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ティッセン•ボルネミッサ美術館にチケット売り場に並ぶことなく入場できます。

値段は約30ユーロで、私はプラド美術館のホームページから購入したのでプラド美術館のみ日時指定がありますが、残りの2つは特に指定はありません。

いずれの美術館でも直接購入できるようで、その場合は全て時間指定などはないみたいです。

 

というわけでいざ美術館へ!

プラド美術館は三大美術館のひとつだけあって、非常に広く、膨大な数の作品があります。

 

私はまずミュージアムショップへ行き、5ユーロほどのガイドブックを購入しました。

f:id:memoryofajourney:20180806185709j:image

主要作品の写真と解説が日本語で載っているので、これを見ながら美術館を巡りました。

美術館の図録は重くてかさばりますが、これは薄く小さめで、記念にもなるので買ってよかったです!

ヒエロニムス•ボスが表紙なのもテンションが上がります。

 

この日はガイドブック片手にうろうろ。気がつけば約7時間ほど滞在してました。

ベラスケスのラス•メニーナス、ゴヤの1808年5月3日、我が子を喰らうサトゥルヌス、ボスの快楽の園などを観賞できて大満足です。

特にゴヤの「黒い絵」シリーズは見応えがありました。

フラ•アンジェリコの受胎告知とブリューゲルの死の勝利を観ることができなかったのが心残りですが、それは次回マドリードを訪れた時の楽しみにとっておきます!

 

この日は一日中美術館にいたこともあり、お昼ご飯は美術館に併設されているカフェで食べました。

f:id:memoryofajourney:20180806192045j:image

ラザニアとサラダ。なかなか本格的で美味しかったです。

本当に広い美術館なので、じっくり堪能したい人はカフェで休憩をとりながら観ることをおすすめします。

 

明日も美術館を巡ります!

 

スペイン女一人旅 Day1*KIX→マドリード

いざスペインへ…?

やっと本編に入ります。

今回はKLMで行きました。

アムステルダムスキポール空港経由でマドリードに向かいます。

 

10時25分に関空を出発し、15時にスキポール空港に到着予定です。

スキポールからマドリードへ向かう飛行機は16時発なので、乗り換え時間は1時間55分。

空港で多少迷っても時間には余裕がある行程です。

 

しかし出発時間になっても飛行機一向に飛び立たず…

30分程して機内アナウンスがあり、機内トラブルのため運転を見合わせている、出発できるかどうかはわからないとのこと。

 

しばらくしてトラブルは回避できたようで、機内で待機すること約一時間、なんとか出発することができました。

 

飛び立った後は順調で、無事にアムステルダムに到着。しかし残された時間は約40分。乗り継ぎに必要な時間が40分とされていのるでギリギリです。

 

広い空港をひたすら走ります。

 

スキポールではもう一度荷物検査とパスポートチェックが必要です。

そして審査ゲートは人だかり。この時点でもう出発まで残り20分ぐらいだったと思います。

入国審査を通過し、再びひたすら走ります。

 

するとマドリード行きの列を発見、どうやらマドリード便も少し遅れているようで、なんとか間に合いました!

 

今思えばこの日が旅の思い出なかで1番の修羅場でした。笑

 

ようやくマドリード•ハバラス空港に到着!たぶん20時過ぎてたと思います。ここで心配なのが荷物です。

乗り換え時間が少ないため人は間に合ったが荷物が間に合わなかった、という事をよく聞くので半分諦めていましたが、無事に荷物も回収できました。

 

マドリード市内へはタクシーを利用しました。

市内へのアクセスには空港バス、電車、地下鉄などがありますが、これらでは私の泊まるホテルに行くには地下鉄に乗らなければなりません。

小さいスーツケース とは言え、移動で疲れたなかで地下鉄に乗るのは避けたいと思い、少し贅沢ですがタクシーにしました。

女一人旅、できるだけ危険は回避したいところです。

 

空港から市内は一律料金のようで、ぼったくりの心配もありませんでした。

環状線M30号線内であれば30ユーロで行けます。

タクシーの運転手さんは女性の方で、到着した後もホテルを一緒に探してくれました。

 

マドリードではオスタル•アベル•ヴィクトリアーノ(Hostal Abel Victoriano)というところに滞在しました。

 

オスタル(ホステル)とありますが、個室•シャワー•トイレ付きで部屋もとても綺麗でした。

 

f:id:memoryofajourney:20180806171209j:image

タオルが可愛い!あめちゃんのおまけ付きが地味に嬉しい。

 

ホテルに着いてから飲み物が無いことに気付き、スタッフの方に水が欲しいので近くにスーパーがないか尋ねたところ、なんと自分の水をわけてくださいました…!

 

この方以外にも、従業員のみなさん本当に親切でした。 

 

翌日から観光スタートです!

 

 

 

スペイン女一人旅*準備編④参考文献

スペインを知る

 

スペインに行くにあたって、いくつかの本を参考にしました。

 

①aruco スペイン

とにかく可愛くてテンションが上がるガイドブック。今はネットでも充分情報を得ることができますが、これをみて大まかなルートを決めたりしていました。あとはスペインに行くまで、この本を読んで仕事のモチベーションを上げていました笑

 

②「添乗員ヒミツの参考書 魅惑のスペイン」紅山雪夫

それぞれの町の大まかな歴史や、隠れた見所なども紹介されています。スペインがいかに多様性に富んだ国なのかがよくわかります。この本はスペインにも持って行って現地でも参考にしていました。

 

③「ガウディの伝言」外尾悦郎

サグラダ•ファミリアの建設に携わっていた日本人、外尾さんの著作です。文章表現が素敵で、ガウディや外尾さんをはじ建設に関わる人たちがいかにサグラダファミリアに情熱を捧げていたのかがわかります。

 

④「ゲルニカ ピカソが描いた不安と予感」宮下誠

ゲルニカが描かれた経緯や、作品完成に至るまでの習作なども紹介されています。

今は絶版されているのか、私は古本で買いました。

 

⑤「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」中野京子

怖い絵シリーズでお馴染みの中野京子さんの著作。買ったのは随分前で、スペインに行くということで読み直しました。オーストリアだけでなくスペイン=ハプスブルク家の人物にも触れられています。

 

本当は歴史に関するものやダリについても読んでおきたかったのですが、時間が足りませんでした…

 

準備編が長くなってしまいましたが、次からは本編に入って行きたいと思います。